ココで申し込む

来季ですけれども、チェンジ元年という結果、賢くはいかないとはおもう。逆に上手く行きすぎてしまうといった、また無茶になったときに、またボロボロになってしまうのかな?ってね。そうね。今期、ここまでボロボロになってしまったわけで、すぐには実りでないっていうのはわかってはいらっしゃる要素。
ココで申し込む
ですから、今年はそのコツの1つになってほしいものですね。
そのためには、それでは来季は、勝率5割とあとは3あたりを目標にね。やるね。そこが実態なのかな?というね。
次いで、来季はこれは個人の見分けではあるのですが、優勝競合いは、2組。2連覇やるカープといった国中関連をめぐって、最強のソフトバンクにさんざっぱら善戦したベイスターズの2オーバーはほんのりやこっそりでは敗れるでしょうしね。
ですから、3あたりになるには、大物、阪神、中日の老舗3組をですけれども、ここを倒していかないことには上にはいけないですからね。そこが重要ですが、転機は残るよ。

秋山竜次(ロバート)ヘンな事やりたがりのクソボケ野郎

そうなると、誰が次のマネジメントにということになるのですが、個人的には、鹿島で3連覇したオリヴェイラとか良いとはおもうけれどもね。ないとはおもうが、ネルシーニョとかもありかな?ってね。ただ、今度のワールドカップはロシアというため、欧州系のマネジメントの方が、時局として慣れている気分はあるけれどもね。
それでは、日本のJリーグでのマネジメント経験生じるクライアントというのが良いかとはおもう。そうであるのは、邦人の実態をね。わかって受け取る方が良いかと。
さっぱり知らないところからやるのであるよりも、実態というのをね。知るほうが設立はしやすいでしょうし、アスリートの選挙というのもしやすいであろうとね。思ってはおるのですよね。
で、どうするのか?っていうのは、仮に初々しいマネジメントというのを連れてきた件、ロシアの結果にもよるのでしょうが、次の中東のワールドカップまで積み重ねるのか?ロシアでフィナーレ。新マネジメントになるのか?ということになるのかでしょうね。